悩みや苦手な事があっても、気づきと学びの支援でひとりひとりが主役になれる!

ご挨拶

代表あいさつ

はじめまして!

牧ひとみです。

発達が気になるお子さんも、慢性疾患があるお子さんも、何でもないお子さんも、みんなが安心してすごせる居場所「なっつの木」を主宰しています。

現在なっつの木では2つのサービスを主軸にしております。

「なっつの木しんじゅく」では、ひとりひとりの特性や課題に合わせた個別支援セッションや、毎回テーマを変えてプチセミナー&お茶会を開催しています。

「渋谷区こどもテーブル・なっつの木」は発達や特性が気になるお子さんも安心して利用できる居場所で月1~2回活動しています。

はじめに…

なっつの木の活動していくにあたり皆さんにお伝えしておきたい事があります。

~なぜ私が「なっつの木」を作ろうと思ったのか~

私の子ども2人は、てんかんと発達特性を持っています。

ある日の事。

子ども達がてんかんを発症してから自分の人生が180度変りました。救急搬送に入退院、通院、療育と非日常的な生活を送る事になり、自分のワークライフバランスが完全に崩れてしまった時期が何年も続きました。

そして…

社会に取り残されてしまったような孤独感を身をもって感じるようになりました。

誰かに話をしたくても差別や偏見に怯え、ママ友や周囲の人に話すことができず、ただただ孤独に耐える毎日でした。

しかし、徐々に自分の気持ちが変わっていきます。

同じような境遇の人には、自分のようになって欲しくない!

と思うようになり、少しでも同じ境遇の人の役に立てればと、てんかんの闘病記のブログを書き始めました。毎日自分の思いを書いていたら、徐々にコメントをくれる人も増え、ピーク時には月30万PVを達成。

一個人のブログをこんなに多くの人が見てくれた事に、私は1人ではないんだと、心が救われた感覚を今でもよく覚えています。

その頃から、子どもの病気や発達特性で悩んだり困ったりしている人が気軽に利用できる「居場所」を作りたいと思うようになりました。

そして…。

子ども達のてんかんが落ち着いてきた2015年秋。もっと客観的に子どもの事や心理学を学んでから居場所を作りたいという思いから、東京未来大学こども心理学部に入学。

さらに、公立小学校の特別支援学級の介助や学習支援の仕事を通じて、知的障害や発達障害を持った子どもと関わるようになりました。

自身の経験と、学んできたことを活かし、同じように悩み苦しんでいる親子の「居場所」をつくること。

なっつの木が、「気づき」「学び」を通して、のびのびと生きるきっかけの場になると嬉しいです。

保有資格

◆東京都子育て支援員
◆発達障害コミュニケーション初級指導者
◆メンタルヘルスマネジメント検定2級
◆チャイルドボディセラピスト3級
◆食品衛生責任者
◆上級救命講習

※2017年秋 大学卒業時取得予定
◆認定心理士
◆児童指導員
◆社会福祉主事任用資格
◆児童福祉司任用資格

お仕事経歴

デザイン会社
2002年10月〜2011年4月
デザイナー

携帯の待受画面をドット絵で制作するところからはじまり、モバイルコンテンツの成長と共に、フラッシュ、デコメ、ゲーム素材、アバターの作成など幅広くデザインの業務に携わってきました。

WEBコンテンツ会社
2011年4月〜2015年8月
WEBデザイナー

占いコンテンツの制作、育児コンテンツの企画、制作に携わってきました。モバイルサイトやアプリのデザインを中心に、バナー、LPの制作をしました。

フリーランス
2015年10月〜

フリーランスとして活動を始めたと同時に大学へ入学し、教育や心理学を学んでいます。
デザイン、ライティングの他には、小学校の特別支援学級の介助員や、未就学児の保育の仕事をしています。

スポンサーリンク




毎日更新中!フォロー大歓迎です


いいね!お願いします

いいね!大歓迎です

PAGETOP